2020/06/28 (Sun) 19:48:12

今読んでいる本1 - 佐藤昌廣

鈴木さん、櫻井さん 今晩は
PCが治りましたので読書会に参加いたします
あまり難しい本は読んでいませんのでお手柔らかにお願いします
今読み終わった本
戦後「社会科学」の思想 森政稔 NHK出版
今月は26冊読了 ただし小説・エッセイが主体ですので割愛します
また、戦争と平和(トルストイ)を毎日少しずつ読んでいます
2020/07/01 (Wed) 08:04:06
Re: 今読んでいる本1 - 櫻井晴彦
鈴木さんのHPのは、「酔論」ではなく、「粋論」です。
2020/06/30 (Tue) 14:14:11
ホームページのご案内 - 鈴木ムク Site
「例外状態」を常態化する政治の動きには注意が必要ですね。それにどう対抗するのか? 
「三密を 避けて失う 親密さ」と枕をふって、ぼくのホームページにちょっとだけ書きましたので、そっちも見ていただけると嬉しいです。この上の僕の名前の横にある青いSiteボタンをポチするとぼくのホームページ(http://muku.suppa.jp/)に飛びます。トップページの下のほうにある「酔論」が小論の場所です。・・・宣伝でした。
2020/06/29 (Mon) 08:39:16
大歓迎です! - 櫻井晴彦
大読書家佐藤さんのご参加を心から歓迎します。
今僕は、G・アガンベン「例外状態」(未来社)を読んでいます。
ご存知のように、コロナ騒ぎで各国とも緊急事態法を発動し、いわゆる例外状態が出現しました。
アガンベンは「政府は口実をとらえてはありとあらゆる例外状態を確立している。」と断言しています。
まさに「主権者とは、例外状態にかんして決定をくだす者をいう。」(シュミット「政治神学」)です。
「現代思想」5月号(感染/パンダミック特集)では、例外状態を通常の統治パラダイムとして用いるという傾向はますます強まっており、
コロナ騒ぎもまたこの傾向の現れであること。また、この数年、明らかに人々の意識の中に拡散してきた恐怖状態があること。
当の政府こそがセキュリティへの欲望をを駆り立て,その欲望を充たすべくいまや介入を行うことが著名な哲学者たちから指摘をされています。

2020/06/29 (Mon) 07:40:09
Re: 今読んでいる本1 - 鈴木ムク Site
参加を熱烈歓迎! 読んだ本のコメントや感想もぜひ聞かせてください。
また、小説・エッセイなんでもいいのですが、面白いと感じたことや考えたこともどしどし発信してください。
ところで、「戦後「社会科学」の思想」って、どう? 「ニューレフトの時代が生み出した可能性を、まだ十分に収穫していない」ってあるみたいだけど、興味あるな。その可能性には「民主主義」の運動論も含まれているかもしれない。
ちなみに投稿の際に文字色を選択しないと、一番目の「赤」になってしまいます。また、過去のスレッドは画面の下へと続いていて、一番の下の「次へ」ボタンでさらに過去のスレッドが現れます。
2020/06/23 (Tue) 17:53:00

今読んでる本(11)の2 - 櫻井晴彦

D・グレーバーは、①「民主主義とは西洋の発明にほかならず、先ずはアテネのギリシャ人によって実行に移され、
ついで17世紀と18世紀にヨーロッパとアメリカ合衆国で再活性化されたのであって、これら両地域こそは
揺籃の地であり受入れの地であるというのは、19世紀、20世紀に西洋知識人によってでっち上げられた神話である。」
②「民主主義はいつの時代にも、どこの地域でもあったし、今も存在する。但し、民主主義国家というのはあり得ない。
それは民主主義と権力によって中央統括する国家組織とはどうしても矛盾するからである。」
③「ここ数年、民主主義の実践と手続きに関する大規模な復活が、グローバルな社会運動の中に認められるようになった。
この関心の蘇りは、ほとんど完全に国家主義的枠組みの外部から生じたものなのだ。民主主義の未来はまさしくこの領域にある。」と主張しています。




2020/06/26 (Fri) 08:39:20
Re: 今読んでる本(11)の2 - 鈴木ムク Site
「周辺的」諸地域における革命的実践の報告というのはいかにも人類学的ですね。先進国の現象を分析すると社会学的なのかな?
それはともかく、価値概念と民主主義との関係も一つのテーマだと思います。経済的価値、文化的価値、人生的価値などにそれぞれの考え方があり、民主主義もまた価値の一つでもある、とするとかなり複雑な問題でしょう。しかも「運動」のなかで推進するには、日々現実的に直面するわけだから・・・具体的な問題に即して考えていくのがいいのかな?
2020/06/25 (Thu) 17:54:25
Re: 今読んでる本(11)の2 - 櫻井晴彦
ご指摘に関係あります。
①フランス語版のまえがきで、筆者のアラン・カイエはD・グレーバーの「人類学の価値理論に向けて」
〈2001〉ーソシュール言語学にに現れる価値概念、経済学者とりわけマルクスの価値概念、人類学者が語る価値概念の三者の
関係を考察ーは、アナキズムとマルクス主義に並び、マルセル・モースを発想源としている。といっています。
あの「贈与論」のマルセル・モースも出てきました。面白いですね。
②なお、D・グレーバーが現代における実例に挙げるのは、あまり日本では報道されませんが、
メキシコ南部の最貧困地域チチバスの密林における先住民たちの蜂起と自治コミュニティの構築
=サバティスタの運動(1994)とロジャヴァ(シリア北部)のイスラムと闘いながらの実験〈2013以降)
です。
とはいえ、彼の民主主義をめぐる考察は、こうした「周辺的」諸地域における革命的実践の普遍的な意義の
理解に役立つばかりでではない。我々の問題ですね。コミュニティでの民主主義の推進を掲げる都知事候補が出てもいいです。
2020/06/24 (Wed) 08:40:35
Re: 今読んでる本(11)の2 - 鈴木ムク Site
民主主義は政治体制ではなく社会運動のあり方だ、と受け取りました。だとするなら非常に興味深い。マルクスが共産主義は運動の中にあるといっているのと同じだと思います。かつての(1968年前後)世界的な新左翼運動も、政治運動としては敗北したが、運動の中に生まれた新しい思想・文化・活動のあり方などは、その後の世界をある程度変えてきていると思います。そのヘンの流れを運動史的にたどってみるのも面白いと思います。例えばパリコミューンから全共闘運動(党派全学連と違う運動を目指した)まで・・・そこでの意思決定はどのように行われたか? 
2020/06/18 (Thu) 10:32:40

今読んでる本(11) - 櫻井晴彦

「負債論」などで論議をまきおこ文化人類学者、デヴィッド・グレーバー「民主主義の非西洋起源について」(以文社)を読み始めました。
ギリシャ⇒ローマからの文化伝承や「西洋」は存在したのか等、従来常識とされていたものを覆す議論が面白そうです。
2020/06/18 (Thu) 11:04:01
Re: 今読んでる本(11) - 鈴木ムク Site
おもしろそうですね。ネットで見たら『Bullshit Jobs: A Theory(クソどうでもいい仕事-その理論)』(邦訳は未刊行)というのもあるそうです。ちょっと新しい社会学かもしれません。読み終わったら、ぜひ感想を・・・
2020/06/09 (Tue) 17:38:30

今読んでる本(10) - 櫻井晴彦

市田良彦「ルイ・アルチュセールー行方不明者の哲学」(岩波新書)を読みます。
スピノザとのかかわりはどうなのか。
2020/06/11 (Thu) 08:43:20
Re: 今読んでる本(10) - 櫻井晴彦
そうしたいのだけれど、どれもが難解でコメントできないのが本当のところです。(笑い)
2020/06/10 (Wed) 13:22:15
Re: 今読んでる本(10) - 鈴木ムク Site
旺盛な読書に感服。欲を言えば「読んだ」本の内容紹介や感想なども書いてくれると、質問やコメントのしようもあるのだけど・・・
2020/06/05 (Fri) 17:02:13

今読んでる本(9) - 櫻井晴彦

柿木伸之「ヴァルター・ベンヤミンー闇を歩く批評」(岩波新書)を読み始めました。
彼は現在の世界の状況をどう感じ、どうとらえるでしょうか?
2020/06/01 (Mon) 10:57:27

今読んでる本(8) - 櫻井晴彦

一転、
鈴木宣明「ローマ教皇史」(ちくま学芸文庫)を読みます。
日本人の学者による初の教皇史です。
2020/06/02 (Tue) 08:55:31
Re: 今読んでる本(8)へのコメントに関連して - 櫻井晴彦
貴重なコメントありがとうございます。
「偉大な教皇もいた。悲しい教皇もいた。しかしキリストの救いの船に
神の民を乗せて終末完成へと漕ぎ続けるべき使命と責任をもっている教皇職には、
神の恵みが働き続けた。キリストの救いの船であるペドロスの船(教会中の教会バチカンの聖ペテロ教会)の真の漕ぎ手は、
人間教皇ではなく、イエスス。キリストであるからである」と、この本の「はじめ」にあります。
2020/06/01 (Mon) 11:55:10
Re: 今読んでる本(8) - 鈴木ムク Site
キリスト教と社会変革運動が櫻井さんの2大テーマでしたよね。ぼくはいま、ちょっと古い本で「科学VSキリスト教」(岡崎勝世、講談社現代新書)、副題は「世界史の転換」を読んでいます。キリスト教的な救済史(神の創造から最後の審判へ)である「普遍史」から「自然史」「世界史」へと転換するうえでの、デカルト、ニュートン、リンネ、ドイツ啓蒙主義やダーウィンなどの仕事と影響を研究したものです。
そして今、コロナによる社会の転換が起こりつつあるとすれば、例えばかつてのペストによる中世から近世への大転換(人文主義、啓蒙主義や人権、自由の思想、科学革命を経て資本主義)などに思いを飛ばしてみても良いでしょう。
ポイントは「メメントモリ(死を忘れるな)」です。「人は死ぬものである」を思想の根底に置けば、「限りない」「終わりない」発展・進歩・成長・前進・・・などを重要視することはないだろう。つまり価値観や思想面での資本主義の終焉であり、新しい人生観、新生活様式の追及です。その際の中心価値は「品性」だと僕は思います。
2020/05/29 (Fri) 16:10:12

今読んでる本(7) - 櫻井晴彦

カール・シュミット「政治神学」(未来社)を読み始めました。
本文の冒頭に「主権者とは、例外状況にかんして決定をくだす者をいう」とあります。
なお、蔭山 宏「カール・シュミットーナチスの例外状態の政治学」(中公新書)
が6月22日発売予定です。
コロナのおかげで、「例外状態」がどのように起こされるのか、実感できますね。
貴重な経験です。
2020/05/30 (Sat) 17:53:07
Re: 今読んでる本(7) - 櫻井晴彦
先般の「緊急事態法」についてコロナをどう読み込むかの各党の議論を振り返ると、
誠に興味深いものを感じます。
2020/05/30 (Sat) 08:41:11
Re: 今読んでる本(7) - 鈴木ムク Site
シュミットが今再注目されているのでしょうか? 例外状態における政治や例外状態を作り出す(演出する)政治に興味が湧きますが、かなり危険な臭いもしますね。
2020/05/27 (Wed) 17:51:15

今読んでる本(6) - 櫻井晴彦

新刊2冊読了。
今野 元「マックス・ヴェーバー」(岩波新書)
野口雅弘「マックス・ウェーバー」(中公新書)

6月30日完成見込みの「マックス・ヴェーバー全集」に基づき、
本格的論考が出て欲しい。
2020/05/22 (Fri) 08:02:57

今読んでる本(5) - 櫻井晴彦

「イタリアン・セオリーの現在」の第1部イタリアンセオリーを読了。
再読であるが、かなり難解。
次は、没後100年を迎えたマックス・ウェーバーに関する本2冊。
中公新書と岩波新書の新刊「マックス・ウェーバー」。
これから買います。
2020/05/17 (Sun) 15:48:37

今読んでる本(4) - 櫻井晴彦

今日から、ロベルト・テッロージ「イタリアン・セオリーの現在」(平凡社)を再読しています。
イタリア現代哲学の入門といったところでしょうか。
生政治、共同体・コモン、政治神学、ネグリ、アガンベン、エスポジトなどなど。
2020/05/18 (Mon) 07:47:31
Re: 今読んでる本(4) - 鈴木ムク Site
今度ぜひグラムシ解説と読書案内をしてください。ぼくとしては、過去の革命論よりも現在進行している(すべき)社会変革に興味があって・・・歴史的にも、疫病・大災害などによって社会変革が起こってきたわけで、そのなかでどんなプランを示せるか? どんな理論が有効か? に注目しています。
2020/05/17 (Sun) 18:32:23
Re: 今読んでる本(4) - 櫻井晴彦
是非グラムシを読んでみてください。
「革命論集」(講談社学術文庫)もあります。
イタリアという地方性もありますが、教条主義でもなく、包容力のある常識的な人物のように感じました。
獄中でものすごく多方面にわたって、歴史、政治、経済、文化に至るまで勉強したようです。
2020/05/11 (Mon) 17:27:53

今読んでる本(3) - 櫻井晴彦

暑いうえに外出が出来ず、苦労しています。
今日から、アントニオ・グラムシ「グラムシ・セレクション」(平凡社ライブラリー)を読み始めました。
イタリアの政治家・政治思想家(1891~1937)の言葉の束です。彼は著作物は残していません。
2020/05/12 (Tue) 15:20:49
Re: 今読んでる本(3) - 鈴木ムク Site
革命論シリーズの一環でグラムシが引っ掛かったのでしょうか。ぼくの学生時代にもグラムシの「ヘゲモニー論」がちょっと流行ったことがあったと記憶していますが、読んだことはありません。しかし社会・政治の変革理論として、グラムシを新しい光のもとに読み直してみる価値はあるかもしれませんね。
2020/05/04 (Mon) 11:11:03

今読んでる本 - 櫻井晴彦

いよいよ「withコロナ新生活様式」をまじめに考える時代に入りました。
丁度、アントニオ・ネグリ マイケル・ハート「コモンウェルス(上)(下)」(NHKブックス)をっ読んでいるところです。
ご存知「帝国」「マルチチュード―<帝国>時代の戦争と民主主義」との三部作の完結編にあたります。
左翼からの革命論の一種です。面白いですよ。
2020/05/07 (Thu) 09:04:37
Re: 今読んでる本 - 鈴木ムク Site
「新生活様式」ってある意味「革命」ですよね。政治革命ではなくても「社会革命」。その意味で、アメリカ大統領選からサンダースが撤退したのはとても残念。マルクスが夢想したように、革命は資本主義の最高峰で始まり、世界に広がるもの。なので、革命はまずアメリカから始まるものでしょう。AIとロボットで労働から解放されるという社会条件の下で、ベーシックインカムをベースに・・・サンダースのグループはどんな運動を展開するのでしょう。